2018-02-04

バッドトリップを体験?「ジェイコブス・ラダー」

お題が決まっていても毎日続けられないダメ中年です。
間は空いてしまいましたができる限り続けていきます。

今日も

【完全保存版】ブログネタに困った時に使える!ブログネタ100!

を参考にして、3番目のお題

「今まで見た映画の中でおもしろかった映画の紹介」

を書くことにします。

前から順に進める必要なんてないんですけど、一通りやってみれば自分なりに何かわかるんじゃないかと…

さて、映画はほとんど見ないんですが、高校の頃、友達に誘われて見に行った映画…は全く面白くなかったことしか覚えていませんが、その時同時上映していた「ジェイコブス・ラダー」がイチオシのオススメ映画です。
全く興味のなかった同時上映の映画が一番印象に残ってると思うと2本立て、3本立ての上映はよかったなぁ…と思います。

「ジェイコブス・ラダー」はベトナム帰還兵のジェイコブが奇妙な何かに襲われ、何が現実なのかわからなくなっていく恐怖映画です。
当時高校生だった私はそれまで知っていたスプラッター系とか単純なホラー映画とは違う幻想的で精神的な恐怖にただただ衝撃を受けたものです。

一説によるとこの感じはドラッグのバッドトリップとそっくりらしく、そういう意味ではLSDのトリップとそっくりなファンタジアと並ぶドラッグ体験が出来る貴重な映画かもしれません。

その後、どうしてももう一度観たくてレンタルビデオやセルビデオを探し続けましたが、マイナー映画の宿命かなかなか入手できませんでした。
今は Amazon で簡単に入手できていい時代ですね。




DVDを入手してからは何度も見直し、映像の恐怖だけで無く他の部分にも目が行くようになりました。

原文と吹き替えと字幕の違いとか

宗教的、文化的な背景がわかっていると洋画がより楽しめることとか

当時の、ではなく今でもお馬鹿ですが、「ジェイコブス・ラダー」が旧約聖書に出てくる「ヤコブの梯子」って本当にそのままなのにそれすら気づいてなかったし、登場人物の名前が聖書にちなんだ名前でそれぞれ役割が暗示されていたり、そういう事に気づくきっかけになったところも個人的に思い入れが強い理由かもしれません。

とはいえ、そんな個人的な思い入れを差し引いてもエイドリアン・ライン監督の幻想的な美しい映像と恐怖は必見ですので、是非、気合いを入れて没頭して観て欲しい映画です。

それでは、また明日。

2018-02-01

「超人ロック」

続ける続けると言いながら、間が1日空き、2日空き、とどんどん伸びてきています。
苦手だから書きたくない気持ちもありますが、生活の中にブログ書く決まった時間がないのが大きい気がします。

さて、技術絡みの事も書きたいのですが、やはり時間がかかりそうなので今日も
【完全保存版】ブログネタに困った時に使える!ブログネタ100!
を参考にして、2番目のお題
「今まで読んだ漫画の中でおもしろかった漫画の紹介」
を書くことにします。

好きな漫画は山ほどあるのですが、あまりオススメ漫画として挙がらない気がするので
聖悠紀先生の「超人ロック」
をご紹介したいと思います。

「超人ロック」は超絶チート超能力者であるロックが悠久の時を生きる物語です。
非常に長い話なのですが、読みやすく面白い理由がいくつかあります。

  1. 一つ一つのエピソードが比較的短く独立している。
    他のエピソードとつながりが全くないわけじゃないけど、どのエピソードから読んでも問題無く楽しめる程度に独立しているので読みやすい。
  2. いくつもの時代をまたがった壮大な物語が展開されている。
    それぞれのエピソードは独立しているけど繋がってもいる。ロック以外の登場人物は歳をとるし世代は交代するし時代も変わる。その繋がりが壮大な物語としていい感じに活きている。
  3. 争いを好まず、誰も巻き込みたくない普通の感性。
    この人間くささによりロックはチート級の超能力者であるにもかかわらず敵の能力をインフレさせなくても無理なく苦戦してイイ!

と、思いつくことを書いてみましたが「超人ロック」の凄さ、面白さが全然書けて無い気がします。
正直、こんな内容だと冒涜しているようで公開したくないくらいです。
しかも実はコレ、3日もかけて推敲してたりします。

で、わかったこと。

短時間で書けない物は時間をかけても書けない。

明日からは残念な内容でも即公開するように…したい…な。
すごく抵抗あるけど。

それでは、また明日。

2018-01-26

「続ける」習慣

さて、気合いを入れて再開したブログですが、案の定、毎日は続けられなくなってきました。
そもそも毎日書く事なんてありませんからね…
と言う事で、
【完全保存版】ブログネタに困った時に使える!ブログネタ100!
を参考にすることにします。
これを1から順に書いていけば100日間続けられるはずです。
ということで最初のお題
「今まで読んだ本の中でおもしろかった本の紹介」
を書くことにします。

「続ける」習慣 - 古川武士 著


ちょうど今、ブログを書く習慣をつけようとしているところなのですが、この本を読んだのは結構前。
習慣化するための具体的な方法−計画の立て方からやる気の維持まで−が示されていて非常に良い本だと思います。
実際、これを参考にしていくつか習慣化しています。
ただ、ブログのように苦手なことはまだ習慣化できてないんですよね…

著者の方は「習慣化」をテーマに似たような本を沢山出していますがとりあえずは最も基本となるこれを読めばいいかと思います。
ブログ再開を機にもう一度読んで実践してみようかな?

それでは、また明日。

1/26に公開したつもりが下書きのままになってました。
あれ?だけど表示回数5回とかなってるから一度は公開されていたのかな?

2018-01-22

Google Blogger に独自ドメイン名を設定する その2

ブログ再始動5日目にして穴を空けてしまいました。

さて、設定項目はわかるのですが設定した結果、副作用があるのかないのか全くわからないのでとりあえず設定してみる事にしました。

名前を適当につけて保存してみました。

img-alternative-text

事前にはわかりませんでしたが、元のURLはリダイレクトされるよう設定されるようです。
過去のリンクが無効になってしまうことは無いようで一安心。

img-alternative-text

ただし、当たり前ですが https での接続はできなくなりました。

と、思いきや設定出来そうな雰囲気。
証明書買ってないのに?と思いながら設定してみる。

img-alternative-text

暫く放置して見てみると設定出来ていた。
さらに http からリダイレクトするように設定してみた。

img-alternative-text

これで移行完了です。
ちゃんと新しく設定したドメイン名で https 使えるし、古いURLでアクセスしてもリンク切れにはならない。
独自ドメイン使うの止めたらどうなるかは気になるけど、使い始めるのは拍子抜けするくらい簡単でした。
何より証明書買わなくても https を使えるし、DNSの設定も不要ってあたりが素晴らしい!!

今回は2回に分けて書いた割に普通に設定画面から素直に操作するだけという、誰でもさいしょからわかるような内容でしたね。
それでは、また明日。

2018-01-20

Google Blogger に独自ドメイン名を設定する その1

ブログ再始動4日目です。
もう泣きたくなるくらい書くのがイヤになってます。

IT絡みのことを書いてみようと思いますが、実はこれからやってみようと思っているだけでまだやっていないのです。
まだできるかどうかも試していない物を書くのは抵抗があったのですが、そこのところは容赦なく書くことにしました。

さて、皆さん(って誰か読んでるんでしょうか?)は自分が書いているブログのURLが特定のサービスに縛られた物になっているのがイヤじゃないでしょうか?

例えばこのブログは https://nova-memo.blogspot.jp/ なのですが、なんかイマイチな感じじゃないですか?
blogspot.jp とか入っていて欲しくなくないですか?
これじゃ他のブログサービスに引っ越せないじゃないですか!!
と、言う事で独自ドメインを設定するために

  1. ドメイン名を取得する
  2. DNSサーバを設定する
  3. ブログサービスに独自ドメインのURLを設定する

といった作業が必要になります。

と思ってですね、Blogger の設定画面開いてみたんですよ。

img-alternative-text

なんか面倒なことしなくてすぐに設定出来そうじゃないですか?

img-alternative-text

しかもサイト名から適当な候補を出してくれるし
(日本語名なんか使うつもりないですけど)
今更私が書くことが無い気がしてきました。

私の場合、既に Google Domains でドメイン名だけ取ってあるので『ブログの Google Domains URL を設定』から設定していくのですが、タイムリミットなので今日はここまでです。

それでは、また明日。